M1 Macは購入後でもRAMとSSDがアップグレードできるかも

中国のメンテナンスエンジニアがM1チップのメモリとストレージをアップグレードすることに成功したそう。実際に8GBメモリを16GBに、256GBのストレージを1TBにアップグレードした画像が、Twitter上で公開されています。

アップグレードに使われたのはM1 MacBook Airで、アップグレード後、macOS BigSurにしっかりとSSDとメモリの変更が認識されたとのこと。

下の写真はRAMのはんだ付けを外している様子。どうみても素人にできる雰囲気がしません。これはエンジニアのなせる技ですね。

RAMをすべて取り外したM1。

こちらはSSDの交換の様子。

メモリ、SSDを個人で交換するにはまだ難しいように見えますが、新しく本体を買い直すより、RAMやSSDがApple公式で増設できるようになれば、かなりの節約になることでしょう。

しかし、このタイプのLPDDR4Xメモリを個人で入手すること自体困難なので、少なくとも一般ユーザが自らアップグレードすることは難しそうです。さらにAppleの保証が受けられなくなってしまうので、完全自己責任ですね。

タイトルとURLをコピーしました