初代iPadのプロトタイプは2つのポートが搭載されていた?

スマートコネクタの前身?

初代iPadのプロトタイプとみられる画像がGiulio Zompetti氏によって公開されました。Giulio Zompetti氏は、Appleのレア製品を集めているコレクターであり、その写真は同氏のTwitter上で公開されています。

Image:Giulio Zompetti

本体下部のポートと、

Image:Giulio Zompetti

本体左側の側面にもう一つのポートが見受けられます。

Giulio Zompetti氏いわく、当初AppleはiPadに30ピンコネクタポートを2つ搭載し、デュアルドックシステムを実装する予定でした。実際は一つのポートだけが搭載することになりましたが、のちのiPadに搭載されたスマートコネクタの前身のようなものだといわれています。

さらに、Appleは過去にデュアルドックシステムについての特許も出願していたことが明らかになっています。

いまやAppleはポートレスへの移行に躍起ですが、過去にAppleが複数のポートが搭載されたiPadを開発していたのは面白いですね。

タイトルとURLをコピーしました