Apple iPhone ハウツー

iPhoneで超綺麗な天体撮影をする方法

iPhoneでもきれいな星空が撮れること、知っていますか?

iPhoneの標準カメラアプリには「ナイトモード」という夜間撮影に適したモードがありますが、その機能をフルに使うことでタイトル下の画像のような美しい天体写真を撮ることができます。有料アプリを使う必要もありませんし、天気の良い夜と人の少ない山(できる限り光のないところ)の環境、そして三脚さえあれば誰でも簡単に撮ることができます。

今回はiPhone13 Pro Maxを使って撮影しましたが、ナイトモード機能のあるiPhone11以降の機種(SE除く)であれば誰でも天体撮影が可能です。

そして実際に撮れた写真がこちらです。

無断転載禁止
 iPhone13 Pro Maxにて 2022年8月28日撮影
転載禁止 Reproduction is prohibited.

天の川がきれいに映っていますね。

上記の写真は解像度を4KからFHD程度に落としてあるので、実際に撮るともっと高解像度に撮れます。実際のデータは以下からダウンロードできます。※個人利用の範囲での使用をお願いします。

必要なもの

必要なものは以下の3つ。

  • iPhone11以降のiPhone(SE除く)
  • 三脚
  • iPhone対応の雲台

ナイトモードは、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxに対応しています。

また、普通の三脚だけでiPhoneは固定できないのでiPhoneをマウントできるようにする雲台が必要です。最近はiPhoneも載せれる雲台が付属している三脚もあったりするので、必ずしも雲台が必要というわけではありません。もともと三脚がある人はiPhoneを載せれる雲台を買うといいでしょう。

三脚 スマホ三脚 リモコン付き ビデオカメラ 一眼レフカメラ ミニ三脚 さんきゃく 3WAY雲台 4段階伸縮 360回転 収納袋付き iPhone/Androidスマホ等に対応
created by Rinker
iPhone用雲台付き三脚はこちら
Neewer スマートフォンホルダー垂直ブラケット 1/4インチ三脚マウント付き 電話クリップ三脚アダプター 12/11 Pro Max/X/XR、S20+/S20、P40 Proとその他のスマホに対応(黒)
created by Rinker
iPhone用雲台のみはこちら

ちなみに、今回は三脚にスマホ向けジンバルのDJI OM3をマウントして撮影しました。

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3 コンボ
created by Rinker

撮影スポットの選び方

撮影場所を選ぶだけでかなり撮れ方が変わります。できる限り暗く、周りに光がない山や海辺がいいでしょう。あとは、キャンプ場の近くなんかもいいかもしれません。周辺の光が入ってしまうと星の光が負けてしまい、白っぽくぼやけた空になってしまうので注意が必要です。

撮影方法

最後に撮影方法です。

三脚にiPhoneを取り付けて撮影するわけですが、大事なポイントが2つあります。

センサーサイズの大きい広角レンズを使う

iPhoneには複数のカメラが搭載されていますが、どのカメラもセンサーサイズが異なります。センサーサイズが大きければ大きいほどより多くの光を取り込むことができるので、小さい星の光を捉えることができるというわけです。

下の2つの写真は同じ環境下で撮影したもので、左が超広角、右が広角レンズで撮ったときの比較です。

見てわかる通り、明らかに星の数が違いますね。

ということで、最も大きいセンサーサイズを搭載している広角レンズを使っていきます。

広角レンズは1×マークをタップすることで設定できます。

露光時間を30秒にする

星の光は僅かなもので、都市の光や街灯があるだけでそのほとんどが見えなくなってしまいます。ですので、できる限りシャッタースピードを長くし光を多く取り込むようにします。通常、手で持った場合30秒の長時間露光はできませんが、三脚でしっかり固定することで30秒間露光することができます。

補足:周りの光の量によって露光時間は変化するので一概に30秒とは言い切れないのですが、山や海辺などの光のまったくない場所だったら30秒がちょうどいい時間だと思います。言葉では伝わらない部分も多いので、実際に撮影してちょうどいい時間を見つけてみてください。

撮影の間、三脚を動かしたり、レンズの前に立ってしまわないように注意してください。30秒の間、ずっとシャッターが開いている状態なので星がずれたり、謎の人影が写って心霊写真になってしまいかねません(笑)

撮影する

撮影のポイントがわかったら、あとは好きな画角でシャッターボタンを押すだけです。

星の位置を確認できるStarWalk2を入れると撮影時に便利かもしれません。

Star Walk 2 Ads+:無料星座アプリ

Star Walk 2 Ads+:無料星座アプリ

Vito Technology Inc.無料posted withアプリーチ

おわりに

前々から試してみたかった天体撮影をしてきたのですが、思った以上に綺麗に撮れてスマホもここまで撮れるのかと感慨深くなりました。あと人生で初めて流れ星というものを見たのですが、あの一瞬の時間で願い事をするのは無理…。こればっかりは運ですが、撮影中に流れ星が写って幻想的な写真になるかもしれません。たまには雲のない天気の良い夜に、外に出かけて天体観測をしてみたいものです。

iPhone13 Pro Maxにて 2022年8月28日撮影
転載禁止 Reproduction is prohibited.

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Nica

遊ぶことに全力の人生。最近ハマっているのは原神とWarframe。最近Twitter始めました。フォローしてくれたら喜びます。

-Apple, iPhone, ハウツー