Apple Mac リーク情報

【リーク】M2 MacBook Airについてわかっていることすべて

2022年に発売が期待されている新型MacBook Airについてのリーク情報まとめです。

次世代MacBook ではAirデザインの大幅刷新やM1チップの後継となるM2チップの搭載が期待されています。

デザイン

デザインは既存の尖った形ではなく、新型MacBook Proのようなフラットで丸みを持ったデザインになり、現MacBook Airよりさらに薄くなる模様。

カラーバリエーションが増え、現行24インチiMacと同じ「グリーン」「イエロー」「オレンジ」「レッド」「パープル」「ブルー」「シルバー」の7色展開になります。

カラバリがiMacと同じ7色展開に

チップ

新型MacBook AirにはM1チップの後継となるM2チップの搭載が噂されています。M1ProやM1Maxほどスペックは高くはありませんが、M1の純粋な2世代目となることでしょう。CPUはコア数は同じままでシングル性能の強化が図られ、GPUに関しては8コアから10コアに増加する可能性もあるとのこと。

ディスプレイ

ディスプレイはiPad Pro、MacBook Proと同様にミニLEDディスプレイを搭載する可能性が高いとされています。また、Proモデル同様にディスプレイ上部にはノッチが搭載され、ベゼルは黒から白へ変更される可能性があるとのこと。一方でノッチに関してはベゼルが白であることから、ノッチの存在が目立ちやすくなるためノッチがなくなる可能性も示唆されています。

内蔵カメラ

現行MacBook Airは720pと現代のノートパソコンとしてはかなり画質が荒い方ですが、次期MacBook AirではMacBook Proと同様の1080pカメラが搭載されるとされています。

ポート

ポートは現行MacBook Airから変わらずUSB-C(Thunderbolt)のみの搭載となり、HDMIやSDカードスロット搭載の予定がないとのこと。

発表、発売日

Appleのアナリストとして有名なMing- ChiKuo氏は、新型MacBook Airの量産が2022年の第2四半期後半、または第3四半期初めに開始され、8月または9月頃に発表、販売がされると予想しています。少なくとも2022年前半に発売される可能性が高そうです。

まとめ

これまでのリーク情報を簡単にまとめると、

  • フラットで丸みを帯びたデザインに
  • M1の後継M2チップが搭載
  • ミニLEDディスプレイ搭載でより鮮やかで鮮明なディスプレイに
  • 720pから1080pの内蔵カメラにアップグレード
  • ポートは変わらずUSB-Cのみ
  • 2022年前半に発表、発売

といったようになります。

いかがだったでしょうか。現行モデルから大きく変わるところが多く、かなり期待できるフルモデルチェンジになりそうです。ノッチに関してはどうなるかわかりませんが、実装されるのであれば賛否両論(個人的にはない方がいいかな)となりそうです。