初回チャージで最大2,000円のAmazonギフト券キャンペーンが実施中

学生にMacBook Airをおススメする理由 学生向けノートパソコン

そろそろ春が近づいてきました。別れの季節でもあり、出会いの季節でもありますね。そんな春に向けて、高校入学や大学入学に合わせてノートパソコンを買おうとしている学生さんに、おすすめのノートパソコンを紹介します。

タイトルでもうわかってると思いますが、、、

ズバリ、MacBook Airです。

Image:Apple

なんでMacBook Air?

MacBook Airを勧めるにあたって大きく3つの理由があります。

  • 性能がとてもいいのに安いというコスパの良さ

MacBook AirはM1というAppleが独自で開発したCPUが積まれており、ワードやエクセルを使ったテキストの作成から軽い動画編集やゲームまで幅広いタスクを快適にこなすことができます。しかし、動画編集もゲームも自分はしないからそこまで性能はいらないよって方もいるかもしれません。ですがある程度の余裕を持った性能のPCを買うことで、通常よりも長い間現役として活躍してくれます。

  • バッテリー持ちがとてもいい

MacBook Airはほかのノートパソコンに比べて、圧倒的なバッテリー性能を誇っています。ワードやエクセルなどのテキスト編集程度であれば、2日以上バッテリーが持つほどです。以来のノートパソコンはカタログ上の稼働時間通りに動くことは稀なことでしたが、MacBook Airは本当にバッテリーが持ちます。パソコンより自分のほうが先に限界を迎えるレベル。

  • 軽くて薄い

本体の重さは1.29 kgと軽く、薄さは1.61 cmと、ノートパソコンの中では群を抜くほど薄く、軽いです。全体的なサイズは13インチ(A4紙ほどのサイズ)で、バックに入れて持ち運ぶのにぴったり。

Image:Apple

便利なポイント

  • カメラ、マイク内蔵

オンライン会議やリモート授業が増えたので、カメラが付いていることは必須な条件の一つです。MacBook Airには720pのHDカメラが搭載されており、Zoomを使ったリモート授業で活躍すること間違いナシ。さらにマイクも内蔵されているので別途でマイクを買う必要性もありません。

  • 指紋認証でロック解除

指紋認証が付いているのでパソコンのロック解除は一瞬で、パスワードをいちいち打つ必要がありません。指で触れるだけで開くのでストレスフリーで扱えます。さらにApple Watchユーザには朗報です。Apple Watchがあれば指紋認証もする必要がなく、蓋を開けただけで解除されるのでものすごい便利です。

  • 押しやすいキーボードバックライト

長い間タイピングすると指が痛くなることがしばしば。長時間のタイピングもシザー構造のキーボードのおかげで快適にこなすことができます。さらに、バックライトが付いているので暗い場所でもキーの位置を把握でき、使う場所を選ばない快適さを備えています。LEDバックライトキーボードなので、暗いところで使うとバッテリーの減りがはやくなるといったこともないので安心して使えます。

Image:Apple
  • 驚くほどきれいで高画質なディスプレイ

MacBook Airのディスプレイは一般的なノートパソコンより鮮やかで、高画質です。映画やドラマ、YouTubeを見るのにも最適。あと個人的な意見なんですけども、Macのディスプレイって長時間見ててもあんま疲れにくいんですよね。根拠とかあるわけではないんですが、解像度が圧倒的に高いせいなのか体感上そう感じるんですよね。不思議。

気になる値段は?

MacBook Airの値段は通常104,800円(税別)からとなっています。

しかし、現在Appleオンラインストアでは学生向けのキャンペーンを実施中なのです!MacBook Airが、93,800円(税別)からと通常よりも一万円安く買うことができます。さらに、18,000円分のApple Storeギフトカードもついてくるというお得な内容となっています。

学生向けのキャンペーンはこちら

三年間の延長保証サービスAppleCare+20%安く加入できるほか、MacBook AirだけでなくiPadやiMacなどもキャンペーン対象になっているので是非チェックをしてみてください。

おススメの買い方

  • メモリについて

基本は104,800円(税別)の通常モデルを買えば問題ありません。予算がまだあるという方はメモリを16GBに増やしてあげるといいかも。8GBでも問題なくサクサク使えますが、よりたくさんのアプリケーションを開いてマルチタスクをこなしやすくなります。

  • ストレージ容量について

本体のストレージ容量は外付けHDDやUSBメモリなんかで補うことができるのでそこまで重要なポイントではないかも。学生ならば256GBのストレージ容量で十分だと思います。

タイトルとURLをコピーしました