iOS iPad iPhone Mac macOS ハウツー

【AirPlay】iPhone iPadの画面をMacに写す方法|ケーブル、ソフト不要

11月 1, 2021

今回はソフトやケーブルを使わずに、ワイヤレスでiPhoneやiPadの画面をMacに写す方法を解説していきます。

今までのやり方ではケーブルが必要だったりソフトをダウンロードする必要がありました。しかし、今回お伝えするやり方はiPhoneとMacさえあればでき、煩わしい設定等も一切ないので「パソコンに詳しくないよ」という方でも簡単にできちゃいます。

用意するもの

用意するものは

  • iOS 15.1以上のiPhoneまたはiPad
  • macOS Montereyを搭載するMac

の2つです。直近5年以内に発売されたものなら対応しているので、アップデートが来ている場合はアップデートをしておきましょう。

やり方

iPhoneのコントロールセンターを開き、AirPlayのアイコンをタップします。

画面を映したいMacをタップします。

そうすると自動的にiPhoneの画面がMacへミラーリングされます。

Macが表示されない、写せないときは

AirPlayのアイコンをタップしてもMacの名前が表示されないときは以下の方法を試してみてください。

まずシステム環境設定を開き、共有アイコンをクリックします。

AirPlayレシーバーという項目にチェックボックスが入っているか確認してください。もしチェックボックスが入っていないとiPhoneの画面を写すことができません。