初回チャージで最大2,000円のAmazonギフト券キャンペーンが実施中

【iOS15】iOS、iPadOSのDeveloper Beta(デベロッパーベータ)をインストールする方法

iOS、iPadOSの新機能を早く体験する方法として、ベータ版ソフトウェアであるiOS Betaが存在します。今回はこのiOS Betaをインストールする方法を紹介します。

※最新のiOS 15、iPadOS 15に対応しています。

まず、iOS Betaには2種類の異なった仕様のベータ版が存在します。

それがこちら。

  • Public Beta
  • Developer Beta

と呼ばれる2種類があり、前者のPublic Betaは誰もが参加できるオープンなBeta版となっています。後者のDeveloper BetaはAppleの有料Developer Programに参加している人のみが参加することのできるBeta版です。Developer BetaPublic Betaと比較して、より早く新しいBeta版を体験することができることが特徴です。

本来ならば有料のDeveloper Betaですが、無料で参加する方法があるので、今回はこのやり方を紹介します。

※Beta版のソフトウェアは非常に不安定であり、iPhone、iPadが正常に動作しなくなる可能性があります。インストールの際は必ず自己責任にて行ってください。

Beta版iOSを利用するにはプロファイルのダウンロードが必要になります。そこで今回は、Beta Profilesというサイトを利用していきます。このサイトは寄付によって成り立っており、本来ならば有料であるはずのDeveloper Betaを無償で公開してくれています。

やり方

まず、Beta Profilesにアクセスし、『Install Profile』をタップしたのち、ポップアップが表示されるので、続けて『Install AnyWays!』をタップします。

Download Beta Profiles
Download latest beta profiles for iOS, iPadOS, macOS, watchOS and tvOS.

「このWebサイトは構成プロファイルをダウンロードしようとしています。許可しますか?」と聞かれるので『許可』をタップします。

その後、プロファイルがダウンロード済みと表示されるので『閉じる』をタップ

次に、設定アプリを開き『プロファイルがダウンロード済み』という項目をタップします。

インストール』をタップしパスコードを入力します。

承諾書が表示されるので、確認したのち『インストール』をタップします。その後、変更を適用するためにiPhoneを再起動する必要があるので、『再起動』をタップします。

iPhoneの再起動後、設定アプリ内のソフトウェアアップデートでDeveloper Betaのダウンロードが可能になっていたら成功です。

タイトルとURLをコピーしました