iOS14 AirPods、Beatsの自動切り替えをオフにする方法

iPhoneで音楽を流してiPadで違う動画を見たいのに、勝手にAirPodsが切り替わってしまう。そんなことはありませんか?

iOS14の新機能として、対応しているAirPodsやBeatsのヘッドフォン、イヤフォンなら、使っているデバイスに合わせて自動で接続を切り替えてくれるという機能があります。便利ではあるんですが、複数デバイスを同時に使用したりすると、どうしても厄介なものになりがちです。

しかし、この機能は簡単にオフにすることができるので、勝手に接続が変わって困っている方は今すぐにオフにしてしまいましょう。

それではやり方です。

やり方

  1. ‌AirPods‌または‌Beatsが‌iPhone‌に接続されていることを確認してください。
  2. 設定」アプリを起動します。
  3. Bluetooth」をタップします。
  4. 自動で接続を変えたくないAirPods、Beatsイヤフォンの「情報」(i)ボタンをタップします。
  1. このiPhoneに接続」をタップします。
  2. このiPhoneに前回接続していた場合」を選択します。

以上で設定は完了です。前回繋いだiPhoneに固定接続されるので、勝手に切り替わることはもうありません。

タイトルとURLをコピーしました