買うならどっち? Apple AirTagとTileの違いを徹底性能比較

忘れ物トラッカー頂上決戦。

忘れ物トラッカーと言えばTileが有名ですが、そこに新たな刺客が…。そう、AppleのAirTagです。長い間発売されると噂されていましたが、長い時を経て遂に登場しました。

メインとなる「忘れ物を探す」という機能はどちらも同じですが、細かく仕様が異なっており、どちらを買えばいいか迷ってる方も多いはず。値段の違いから、実際に使ったときの機能の違いまで詳しくみていきましょう。

AirTag

AirTagはAppleが発売する忘れ物トラッカーで、iPhoneユーザならだれでも利用できます。Androidでは使用することができないので注意が必要です。

Bluetoothを利用してAirTagの位置を把握し、iPhoneの「探す」アプリでマップ上で確認し、AirTagから音を鳴らすことができます。さらに、iPhone11以降のiPhoneであれば「正確な場所を見つける」機能で、AirTagまでの距離と進む方向を表示することができます。

※Bluetoothの接続距離についてAppleは公式に明らかにしてないので割愛させていただきます。わかり次第記載する予定です。

Image:Apple

Bluetoothの電波が届かないジムやショッピングモールなど、離れた場所に置き忘れてしまった場合は、他のiPhoneユーザがAirTagから送信されるBluetooth信号を受け取り、持ち主に送信してくれるので、Bluetooth圏外でも探すことができます。さらに、この機能は完全に暗号化されており、AirTagの信号を受け取った他の人が、持ち主のプライバシーを知ることはないので安心して使用することができます。

Image:Apple

さらに、AirTagは持ち主から離れるとアラートを鳴らすので、持ち物の盗難対策や、AirTagを使ったストーカーといった追跡の心配も必要ありません

Image:Apple

設定も簡単で、アプリのダウンロードも必要もなく、ワンタップで設定をすることができ、AirTagの名前を個別に設定することができます。

Image:Apple

バッテリーは1年以上持ちユーザが簡単にバッテリーを交換することができるので、本体が壊れるまで半永久的に使うことができます。バッテリーは、市販されているコイン型バッテリーで交換可能です。加えて、IP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)の耐水性能があり、水濡れや、水中でも正常に動作することができます。AirTagの表面にイニシャルや絵文字を無料で刻印することができ、自分だけのAirTagにカスタマイズすることができます。

Image:Apple

AirTagにはバックなどに取り付ける金具が存在しないので、バックなどに取り付ける場合は、Apple製かサードパーティ製のキーリングやループを別途で購入する必要があります。

Image:Apple

まとめると、

  • iPhoneのみで使える
  • マップ上で確認でき、正確な距離や方角まで分かる
  • Bluetooth圏外でも探せる
  • 盗難対策、ストーカ対策OK
  • アプリのダウンロードなしで設定簡単
  • バッテリーは1年以上持つ
  • IP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)の耐水性能
  • イニシャルや絵文字を無料で刻印可能
  • バック等につけるときはキーリングやループを別途で購入する必要あり

となります。

1個のみと、4個セットの2つのタイプが用意されており、価格は1個で税込み3,800円で、4個セットだと税込み12,800円となります。4個セットが1個あたり3,200円と、600円お得に買うことができます。

Amazon | 最新 Apple AirTag | 家電&カメラ オンライン通販
最新 Apple AirTagほか家電&カメラ, が勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。

Tile

Image:Tile

TileシリーズはTileが発売する忘れ物トラッカーで、iPhone、Androidの両方で使うことができます。AirTag同様、音とマップを利用して持ち物の位置を把握することができます。また、AirTagは1つしか種類がありませんが、Tileは4つの種類があり、用途によって使い分けることができます。

用途に合わせて4種類

Tileには、

  • Mate
  • Pro
  • Slim
  • Sticker

の4種類が存在します。それぞれの用途と性能については、後ほど解説したいと思います。まずは共通点からどうぞ。

4つのTileの共通点

4種類のTileで共通している点が4つあります

  1. iPhoneとAndroidどちらでも使用できる
  2. Tileからスマートフォンを探すことができる
  3. Amazon Alexa、Google アシスタント、Siri ショートカットといったスマートスピーカーに対応し、話しかけるだけで探し物を見つけることができる
  4. 専用のTileアプリをインストールされているスマートフォンが近くにあると、Bluetoothの圏外でも位置を把握することができる

これら4つがTileシリーズすべてのモデルで使える機能です。AirTagにはない機能もあり、Tileからスマートフォンを探す機能なんかはすごい便利ではないでしょうか。

注意しておきたいのが、Bluetoothの圏外状態でのTileの位置把握です。Tileは専用のアプリがスマートフォンに入っていないと、持ち主のTileを検知することができないといったデメリットがあります。AirTagはすべてのiPhoneでAirTagを検知することができますが、Tileは専用のアプリが必須なので、AirTagほど圏外での機能は優れてはいません。

つぎにTileの種類別で性能が異なるところを見ていきましょう。

Tile Mate

Image:Tile

一つ目はTile Mateです。Tileシリーズのスタンダードモデルで、最も安く、お求めやすいTileです。

バッテリーは約一年間持ち、AirTag同様、ユーザが自身でバッテリーを交換できるようになっています。Bluetoothの接続距離は60mで、防滴(IP55)性能があり、多少の水に耐えることができます。水中や大量の水では壊れてしまうので注意が必要です。

バックやカバンにつけることができるように穴が開いており、AirTagのように別途でアクセサリを買う必要がありません。

  • ホワイトのみ
  • 1年間持つバッテリー
  • バッテリー交換可能
  • 防滴(IP55)

価格は単品が税込み2,480円で、4個セットは税込み7,500円となっています。

※価格はAmazonのものです。

Amazon.co.jp: Tile Mate (2020) 電池交換版 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 スマートスピーカー対応[Compatible with Alexa認定製品]【日本正規代理店品】 RE-19001-AP: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: Tile Mate (2020) 電池交換版 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 スマートスピーカー対応【日本正規代理店品】 RE-19001-AP: 家電・カメラ

Tile Pro

Image:Tile

Tileシリーズの最上位モデルTile Proです。

カラーはホワイトとブラックの2種類から選べます。

バッテリーは約一年間持ち、AirTag同様、ユーザが自身でバッテリーを交換できるようになっています。Bluetoothの接続距離は120mで、防滴(IP55)性能があり、多少の水に耐えることができます。水中や大量の水では壊れてしまうので注意が必要です。

  • ブラック&ホワイトの2色
  • 1年間持つバッテリー
  • バッテリー交換可能
  • 防滴(IP55)

価格は単品が税込み3,900円で、2個セットは税込み6,800円、4個セットは税込み12,333円となっています。

※価格はAmazonのものです。

Amazon | Tile Pro (2020) 電池交換版 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 スマートスピーカー対応[Compatible with Alexa認定製品]【日本正規代理店品】 RE-21001-AP | 家電&カメラ オンライン通販
Tile Pro (2020) 電池交換版 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 スマートスピーカー対応【日本正規代理店品】 RE-21001-APほか家電&カメラ, が勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。

Tile Slim

Image:Tile

Tileシリーズ最薄モデルのTile Slimです。財布やパスケースに入れて使うのがおすすめ。

バッテリーは約3年間持ち、バッテリーの交換は出来ないため、使いきり製品です。Bluetoothの接続距離は60mで、防水(IPX7)性能があり、水に浸した状態でも正常に動作します。

  • ブラックのみ
  • 3年間持つバッテリー
  • バッテリー交換不可
  • 防水(IPX7)

価格は単品が税込み3,500円です。

※価格はAmazonのものです。

Amazon.co.jp: Tile Slim (2020) 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 スマートスピーカー対応[Compatible with Alexa認定製品]【日本正規代理店品】 RE-23001-AP: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: Tile Slim (2020) 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 スマートスピーカー対応【日本正規代理店品】 RE-23001-AP: 家電・カメラ

Tile Sticker

Image:Tile

Tileシリーズ最小、最軽量モデルのTile Stickerです。本体裏面にシールが付いており、リモコンや自転車、カメラ等につけて使うのがおすすめ。

バッテリーは約3年間持ち、バッテリーの交換は出来ないため、使いきり製品です。Bluetoothの接続距離は45mで、防水(IPX7)性能があり、水に浸した状態でも正常に動作します。

  • ブラックのみ
  • 3年間持つバッテリー
  • バッテリー交換不可
  • 防水(IPX7)

価格は2個セットが税込み4,900円で、4個セットは税込み8,509円となっています。

※価格はAmazonのものです。

Amazon | Tile Sticker (2020) 2個パック 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 スマートスピーカー対応[Compatible with Alexa認定製品]【日本正規代理店品】 RE-25002-AP | 家電&カメラ オンライン通販
Tile Sticker (2020) 2個パック 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 スマートスピーカー対応【日本正規代理店品】 RE-25002-APほか家電&カメラ, が勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。

結局どちらがいいのか

どちらの製品もメリットとデメリットを持ち合わせています。個人的にはiPhoneユーザにとっておすすめしたいのはAirTagです。接続も簡単で、Bluetooth圏外での探す力がAirTagのほうが高く、大切なものを遠く離れた場所になくしたとき、見つかる可能性がTileと比べて高いからです。しかし、バックやカバンにつけようとしたとき、別途でアクセサリ買う必要があるのがAirTagのデメリットです。

一方、GoogleやAlexaとの連携力を生かしたいのならTileに軍配が上がります。また、家でよく使うテレビのリモコンなどにはTileを使ったほうがスマートフォンを逆に探し出すことができたりと、メリットが大きいです。

このように、自分に合った用途で選ぶのがベストなのではないでしょうか。AirTagとTileをうまく使い分けることができると、より豊かな生活に近づくことができるはずです。

source:Apple AirTagTile

タイトルとURLをコピーしました