M1搭載 新型iMacは7色のカラバリで、薄く軽くカラフル

4月21日のAppleイベントで発表された新型iMacについて詳しく解説。今回は24インチモデルのみが発表された。

デザインとカラー

新型iMacはフラットなデザインで、iPad Pro、iPhone12シリーズのデザインを継承した感じとなっている。さらに、本体は非常に薄く、わずか11.5ミリしかなく、重さは5kg以下。電源コードは磁石でくっつく仕組みとなっている。

CPU

iMacの心臓部となるSoCは、8コアのCPUと8コアのGPUからなるM1チップが搭載されている。昨年末に発売されたMacBook Air、MacBook Pro、Mac miniと同様のCPUである。前モデルのiMacと比較して、CPUは85%速く、GPUは2倍高速になったという。機械学習も3倍高速になり、画像編集などAIを活用する場面で力を発揮するだろう。

ディスプレイとカメラ、マイク

24インチの4.5KのRetinaDisplayを搭載し、P3色域にも対応している。さらに、1080p FaceTime HDカメラを搭載し、前モデルと比較して解像度が2倍にアップ。加えて、3つのマイクを搭載し、スタジオ品質の録音を可能にするとともに、ビームフォーミングテクノロジーによって会話時のノイズを軽減することができるという。

外部ポート

USB-Cポートが2つとthunderbolt対応USB-Cポートが2つ搭載されており、合計4つのポートを使用することができる。EthernetポートはACアダプタについており、本体には繋ぐことができない。

スピーカー

6つのスピーカーを搭載し、空間オーディオにも対応。今までのiMacから大きくアップグレードされてるとのこと。

Magic Keyboard、Magic Mouse、Magic Trackpad

新iMacのカラーバリエーションに合わせてMagic Keyboard、Magic Mouse、Magic Trackpad7色に増えて登場。Magic Keyboardは新しい4つのファンクションキー(spotlightキー、ディクテーションキー、おやすみモードキー、ロックキー)とEmojiキーが追加され、TouchIDにも対応

タイトルとURLをコピーしました