初回チャージで最大2,000円のAmazonギフト券キャンペーンが実施中

2023年のiPhoneは画面内FaceIDが搭載されるかも

Appleのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が2023年のiPhoneについて複数の新機能を予想。そのなかで、ノッチやパンチホールのない真のフルスクリーンデザインを可能にする画面内FaceID(アンダーディスプレイFaceID)の導入が見込まれているそう。2023年には新型ウイルス関連が落ち着いていると期待したいですね。いくらFaceIDが画面内になってもマスクをつけていたら意味がないので、TouchIDとFaceIDをどっちもつけてくれないかな…

流れとしては、2022年のiPhoneでホールパンチディスプレイデザインに切り替えたのち、2023年で完全にフルスクリーンデザインにする予定とのこと。数か月前に、ZTEが世界初の画面下顔認識のデモを公開していたことっを含め、技術的には不可能ではないと考えられます。

Ming-Chi Kuo氏はまた、2023年のiPhoneにペリスコープカメラを搭載し、2.5倍を超える光学ズームの大幅なアップグレードを予測しています。

タイトルとURLをコピーしました